40代男性に人気のメンズファッションブランド・通販サイト

40を過ぎればオシャレをするのはなんとなく面倒くさい、仕事柄スーツ以外をあまり着ないから服自体買わない、そんな男性もいるのでは?しかし、男性のファッションは仕事着と私服のギャップが一番の魅力でもあります。

私服がプロ級にオシャレではなく、そこそこオシャレな男性でも、出勤時とのギャップにやられる女性は多いです。センスのある旦那さんは奥さんも鼻が高いですしね!今回は40代男性に人気のおすすめファッションブランドを紹介します。

スポンサーリンク

green label relaxing【価格帯:普通~高い】

様々なライフスタイルに合わせた自分らしい何かがみつかる「Be happy」をコンセプトにつくられた、ユナイテッドアローズの人気レーベル。他業態と比べてオリジナルアイテムが豊富なのも特徴。


出典:http://store.united-arrows.co.jp/

ファミリー向けのショップなのであまり派手なものは無く、価格もデザインも程よく落ち着いたアイテムが多いです。気構えずに着られるラフな服が揃います。

公式サイトへ

Banana Republic【価格帯:普通】

幅広いライフスタイルに活用できる、トレンドとベーシックの程よいスタイルを提案するアメリカのグローバルファッションブランド。GAPの姉妹ブランドですが、GAPよりも大人らしさを増したアイテムを取り扱っています。


出典:https://www.bananarepublic.co.jp/

シンプルにまとめたクラシカルなデザインのものが多く、仕事に着て行けば”できる男”を演出できます。アメカジなのにドレッシーな色使いが魅力的。

公式サイトへ

PAUL SMITH【価格帯:高い】

伝統的な英国スタイルをベースにモダンなシルエットや大胆なカラーリング、遊び心のあるディテールやプリントを効かせたコレクションが特徴的な高級ブランド。パリコレのランウェイからそのまま一般向けに落とし込んだようなファッションを楽しめます。


出典:https://www.paulsmith.co.jp/shop/

服はもちろんネクタイや靴下、財布などの小物類が充実しているのもポイント。普段の出勤スタイルのアクセントになるような、英国らしいオシャレなアイテムが揃います。

公式サイトへ

SHIPS【価格帯:普通~高い】

「きれいめカジュアル」の定番とも言える老舗のセレクトショップ。30代以上の男性をターゲットにシンプルで着こなしやすい服を提案しています。基本的に流行は関係なしのスタンスで、とにかく万人受けするアイテムが豊富なので服選びに失敗しにくいのが特徴。


出典:http://onlineshop.shipsltd.co.jp/shop/type/men/

どれもベーシックかつ清潔感のあるデザインで品も兼ね備える。年数が経っても古臭くならず、1つのアイテムを長年着回すことができます。

公式サイトへ

EDIFICE【価格帯:普通~高い】

フレンチトラッドをテーマに”堅苦しくない上品スタイル”を提案するセレクトショップ。主軸のオリジナルアイテムにセレクトアイテムで補完する形をとり、どれもエディフィスらしいこだわりの強いものばかり。


出典:https://baycrews.jp

シンプルで洗練されたアイテムが揃い、ハイブランド並の満足感が得られます。商品に統一感があるので、服のセンスに自信がない男性でもお洒落なスタイリングが作れます。

公式サイトへ

semantic design【価格帯:安い】

大手アパレルメーカー「TAKA-Q」が展開する、美しいシルエットバランスが人気のキレカジブランド。細かいディティールにこだわり、リーズナブルながらも物持ちが良いのが魅力。トレンドを意識したデザイン性の高いアイテムが盛りだくさんです。


出典:https://online.taka-q.jp/

サイズ感はややタイトめで、落ち着いた色合いで誰にでも着こなしやすいアイテムが多いです。価格も安いので、頻繁に服を買い替えたいおしゃれさんにも支持されています。

公式サイトへ

Brooks Brothers【価格帯:高い】

“最高品質の商品だけをつくり、取り扱うこと”をポリシーに1818年創業、アメリカで最も長く続く老舗ファッションブランド。歴代のアメリカ大統領たちがこぞって愛用したとされる、アメリカントラッド好きにはたまらない最高峰です。


出典:http://www.brooksbrothers.co.jp/

流行に左右されない正統派スタイルが魅力的。トラッド系の中では割と手頃な価格で手に入るので、一度トラッドスタイルに挑戦してみたい男性にもお勧めです。

公式サイトへ

JOURNAL STANDARD【価格帯:普通】

幅広い年齢層から人気を集めるセレクトショップ。カテゴリーの枠に囚われない独自セレクトでアイテムを揃えています。ラフすぎない大人カジュアルな感じで、仕事着にも普段着にも着回しやすいのが特徴。


出典:https://baycrews.jp/

気軽に着られるベーシックなアイテムが豊富で、使いやすい良質アイテムを提供しています。ファッション初心者にもおすすめ。

公式サイトへ

23区HOMME【価格帯:高い】

日本の大手アパレルメーカー「オンワード樫山」が展開する、大人の男性に向けた高級服ブランド。日本製にこだわり、ほぼすべての商品が日本で作られています。スタイリッシュなアイテムたちは、老いを感じさせない着こなしを実現させます。

出典:https://crosset.onward.co.jp/

23区オムの主力アイテムはジャケット。都心の空気感と機能性を考慮したデザイン&ディテールによってモダナイズされ続けたジャケットは、まさに大人の男にこそふさわしい。

公式サイトへ

coen【価格帯:安い】

人気アパレルブランド「ユナイテッドアローズ」の低価格帯ブランド。カジュアルながらも品のある万人受けしやすいデザインで、幅広い年齢層に人気です。女性にも人気があるので、彼女とブランドペアルックも良いですね。


出典:http://www.coen.co.jp/

落ち着きのあるデザインながらも、爽やかで明るい色合いが特徴。カッチリ、というよりは柔らかい印象のアイテムが多いです。

公式サイトへ

MEN’S BIGI【価格帯:安い~普通】

メンズファッションの草分け的存在として今でも人気が高いファッションブランド。英国調をベースとし、アップデートを繰り返したモダン・ブリティッシュスタイルを提案。


出典:http://store.mens-bigi.co.jp/

見た目のデザイン以上に着心地と質感が良く、特に硬派なスーツはブランド内でかなり人気が高い。また、トラッド系の中ではお手頃価格で手に入れやすいのもポイント。

公式サイトへ

TOMORROWLAND【価格帯:高い】

ラフなトラディショナルスタイルが魅力、横浜発祥の日本のセレクトショップ。元々ニットウェアメーカーとしてスタートしただけに、ニット系商品のクオリティはすこぶる高い。品の良い商品が揃いますが、なんせ価格が高いためここぞというときに利用したいお店です。


出典:http://store.tomorrowland.co.jp

他にはないオンリーワンな商品を生み出す姿勢を貫いているため、流行りとは関係なく常に”トゥモローランドらしい”服を作り続けています。

公式サイトへ

G-Star RAW【価格帯:普通~高い】

「縮まない・ねじれない・色落ちしない」という未加工の革新的デニム「RAW DENIM」を発表して話題を呼んだアムステルダム発のプレミアムデニムブランド。スニーカーとの相性も良く、デニムファンなら要チェック。


出典:https://www.g-star.com/

デザインに建築学や3Dを取り入れた斬新なシルエットが特徴。ヒップから太ももにかけての程よいアンチフィット感がたまりません。

公式サイトへ

URBAN RESEARCH【普通~高い】

第二グループのセレクトショップに属する、大阪アメリカ村発祥のブランド。その名の通り、世界中の街をリサーチして大人のアーバンライフに溶け込むファッションを提案。品質へのこだわりも強く、職人が手織りした生地を使用したジャケットも多く扱います。


出典:https://www.urban-research.jp/

フォーマルなシェイプはそのままに、素材やカラーなどでひとクセ加えられたデザインに熱狂的なファンも多い。どこか惹かれる、そんな服が揃います。

公式サイトへ

 

UNIQLO【価格帯:安い】

コスパ日本一、クセのないシンプルなデザインで全世代に愛され続ける国民的ブランド。オンラインストアなら店舗にはない限定商品も購入できちゃいます。ヒートテックなどのインナーだけでもかなり重宝しますね。


出典:http://www.uniqlo.com/jp/

無地でとにかくベーシック、シンプル好きにはたまらない。細身が好きな人はサイズに気を付けて。

公式サイトへ

MAGASEEK

高級感のあるブランドからリーズナブルなものまで幅広く取り扱う通販サイト。頻繁にセールを行っているので、お気に入りのブランドの商品を安く手に入れられるかも。送料が無料なのも嬉しいポイント。

ブランド:SHIPS・BEAMS・green label relaxing ・TAKEO KIKUCHI・BEAUTY&YOUTH・MEN’S BIGI・MONSIEUR NICOLE・URBAN RESEARCHなど

公式サイトへ

スポンサーリンク