カジュアルコーデお洒落は足元から!男に捧げるオススメスニーカー特集

メンズファッションに欠かせない小物アイテムと言えばスニーカー!オシャレ上級者ともなればスニーカー以外の洒落た靴の1つや2つお持ちでしょうが、最近ファッションを意識し始めましたという男性はとにもかくにもスニーカーを買わないとね。

今回は数あるスニーカーの中から、特に人気のあるオススメブランドを紹介します。

スニーカーを購入する上でどのカラーか悩んでいる人はこちらの記事も参考にしてみて下さい。
失敗しない靴選び!定番おすすめのメンズシューズ

スポンサーリンク

NIKE(ナイキ)

”スウッシュ”と呼ばれるロゴがお馴染みの、言わずと知れたスニーカーの王様。スポーツメーカーの中では特に愛用者が多く、独自の商品開発で世界中の人々を虜にしてきました。

オフィシャルストアでは素材・カラー・クッショニングを自分で選んでデザインする「NIKEiD」と言うサービスもあります。自分用にオリジナルシューズを完成させるのも良いですが、友人や家族へのプレゼント用としても人気を集めています。

HP:https://www.nike.com/jp/ja_jp/

ABC-MARTでアイテムを探す

Amazonでアイテムを探す

New Balance(ニューバランス)


出典:http://shop.newbalance.jp/shop/e/eE520

お馴染みの”N”が特徴的な、ポップでユニークなデザインが人気のスポーツシューズブランド。70年代に多くのランナーから「圧倒的フィット性」を支持されたことから人気はスタートし、今では大学生からおじさま世代まで幅広く愛用者を抱えるまでになっています。

もちろんデザインを見て選ぶ人は多いとは思いますが、それに加えて履き心地も重視するようであればニューバランスがお勧め。また、毎シーズン大量の新デザインも登場するのでそちらも要チェック。

HP:http://shop.newbalance.jp/shop/

ABC-MARTでアイテムを探す

Amazonでアイテムを探す

adidas(アディダス)

「スタンスミス」や「スーパースター」など数々の名作モデルを生み出したことでも有名な、ドイツを代表するスポーツ用品メーカー。スタンスミスはおしゃれな海外スナップでもよく見られるのでご存知の人も多いでしょう。

カジュアルシーンにおける人気スニーカーと言えば、ナイキと並んぶ2強王者と言っても過言ではない。単独モデルで「世界一売れたスニーカー」としてギネス認定されたこともある実力派ブランドです。

HP:http://shop.adidas.jp/

ABC-MARTでアイテムを探す

Amazonでアイテムを探す

PUMA(プーマ)

元は体育館シューズのメーカーとしてスタートし、今では誰もが知る世界的スポーツブランドのひとつ。サッカーやテニスなど様々なアスリート選手から長年支持され続けているほどの機能性がプーマの魅力です。

しかし、最大の魅力はそのファッション性。近年のスニーカートレンドは細身のシルエットですが、プーマのスニーカーは細身のモデルが多くシンプルさ故普段のコーディネートにも合わせやすいのが特徴です。

HP:https://jp.puma.com/

ABC-MARTでアイテムを探す

Amazonでアイテムを探す

VANS(バンズ)


出典:http://www.vansjapan.com/

クッション性やホールド感が評価され、スケーターたちから愛され続けるカリフォルニア発のストリート系ブランド。シンプルなデザインが多く普段のファッションに取り入れやすいのも特徴。レトロ×ローカットのスニーカーが好きな人にオススメです。

ロングセラーモデルを改良して展開されている「エラ」と言うモデルは、アメリカのセレブを中心に高い人気を集めています。ベッカムが愛用していることでも話題。

HP:http://www.vansjapan.com/

ABC-MARTでアイテムを探す

Amazonでアイテムを探す

CONVERSE(コンバース)

1908年マサチューセッツ州にて誕生、キャンパススニーカーで有名なブランドです。元は雪の中でも作業が出来るラバーシューズ製造から始まり、今では世界を代表するブランドにまで成長しました。

どんな服装にもマッチする”シンプルイズベスト”なデザインが多くのファンを生み出していますが、やはり不動の人気を誇るは「オールスター」。ハイカットが人気ですが、もちろんローカットも使いやすくてオススメ。お手頃価格なのが学生にも嬉しいポイント。

HP:http://converse.co.jp/

ABC-MARTでアイテムを探す

Amazonでアイテムを探す

Reebok(リーボック)


出典:https://sneakersaddict.com/

機能性の高いシューズをリリースする、イギリス生まれのスポーツブランド。82年に発表されたエアロビクス用のスニーカー「フリースタイル」がヒットしたことで一躍世界的な有名ブランドへと名を知らしめました。

リーボックでも評価が高かったモデルの復刻版が2014年に発表され人気が再熱。軽量かつ優れたフィット感が、主にファッショニスタをはじめとする多くの著名人から高い支持を集めています。

HP:http://reebok.jp/pc/

ABC-MARTでアイテムを探す

Amazonでアイテムを探す

ASICS Tiger(アシックスタイガー)


出典:http://www.asicstiger.com/jp/ja-jp/spacedye

1977年デビューの日本のスニーカーブランド。有名な「アシックス」はスポーツ用のブランド名で、この「アシックスタイガー」はカジュアルシーンに合わせたスニーカーを展開しています。国内ではスポーツの方ばかりでカジュアル用と聞いてもパッとしない人がほとんどでしょう。

しかし、海外ではすでにファッションアイテムとして多くの人が取り入れています。クッション性に長けた履き心地と、オシャレなデザインが魅力。個性的な配色で足元にアクセントが欲しい方にもお勧め。

HP:http://www.asicstiger.com/jp/ja-jp/

ABC-MARTでアイテムを探す

Amazonでアイテムを探す

LACOSTE(ラコステ)

フランスのテニスプレイヤーが1933年に創業、ポロシャツの定番ブランドとして知る人も多いのではないでしょうか。しかし、このラコステのスニーカーも意外と穴場。スニーカーはキャンパス地、レザー、スリッポンまで種類豊富に取り揃えています。

デザインや配色はどれもシンプルで、ワンポイントに馴染みのあるワニ君がいるくらい。このワニのロゴしかいない殺風景具合がとてもオシャレ。また通気性や防臭性を考慮したインソールが採用されており、履き心地も抜群です。

HP:https://www.lacoste.jp/

ABC-MARTでアイテムを探す

Amazonでアイテムを探す

le coq sportif(ルコックスポルティフ)


出典:http://www.lecoqsportif-jp.com/special/eureka30th.html

1882年に創業されたフランス最古のスポーツブランド。鶏マークのロゴが印象的。華やかでインパクトのあるものからスマートでシンプルなものまでデザインの幅も広い。

豊富なコレクションの中でも特に「エウレカ」の人気が熱い。日本でも愛用人口が増えてきたので、街を歩いているとたまに見つけます。品のあるファッションを目指す大人の男にオススメ。

HP:http://www.lecoqsportif-jp.com/

Amazonでアイテムを探す

Admiral(アドミラル)


出典:http://www.admiralfootwear.com/

1914年にイギリスで誕生したスポーツブランド。元々ウール製品の製造を行っていましたが、イギリス海軍の制服の製造へと路線を変更。その後ウェア製造のノウハウを溜め総合スポーツブランドに進化し現在に至ります。なかなか歴史のあるブランドですね。

馴染み深いスマートかつクラシカルなデザインが高い人気を集め、価格がリーズナブルなのも魅力の一つです。上品なモデルが多いためファッションを意識し始めた大人の男性にも、友人と差を付けたい大学生にもお勧めです。

HP:http://www.admiralfootwear.com/

Amazonでアイテムを探す

SPERRY(スペリー)


出典:http://www.sperrytopsider-japan.com/7seas_news_201703/

1935年アメリカで当時船乗りだった創業者によって生まれたブランド。創業当時は船の上で使用するデッキシューズで船員から一躍人気を集めていました。機能性だけではなく、海辺を連想させるデザインは今でも高い支持を得ています。

スペリーの定番は清涼感溢れるボートシューズをはじめ、アッパーにキャンパスを用いたローカットシューズ。価格帯も1万前後とお手頃なのも嬉しいポイント。

HP:http://www.sperrytopsider-japan.com/

ABC-MARTでアイテムを探す

Amazonでアイテムを探す

通販のリンクを貼っておきながらなんですが、靴は出来れば店頭で買われた方が良いかと思います。サイズが思いのほか大きかった…返品作業がちと面倒…なんてことになる可能性もあるかもしれませんからね。スニーカーなら少ないとは思いますが、一応。

もしAmazonや通販サイトでの購入を考えているのであれば、サイズに関しての説明文や口コミ・レビューをきちんと確認しておきましょう。

スポンサーリンク