「無意識」でもイラっとくる…女性に嫌われる男の余計な一言とは

男性の余計な一言にイラっとする、という女性は実はかなり多い。特に会話が弾んで弾丸トークになると、あまり深く考えずに言葉を発してしまうことありますよね。

普段男友達と話すノリで女性と話してしまう方は要注意!

今回は女性がイラッとしてしまう男の発言をまとめてみました。実は貴方も知らぬうちにNGワードを発しているかも?ぜひチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

「意外と○○そうだよね」

まずは女性を褒める際の”褒め方”についてです。

例えば、普段家事など全くやらなさそうな女の子に対して、

  • 意外と料理出来そうだよね!
  • 意外と部屋キレイそう!
  • 意外と家事ちゃんとやってそう!

こんなことを言う場合。

これでは「君は普段家事やらなさそうなイメージがあるよ」と言っているのと同じです。人は見かけによらず!人によっては地味に傷つく言葉の一つなので気を付けましょう。

また、イメージで勝手に「料理下手そうだよね」「部屋汚そう(笑)」なんて言うのはもっての外。強そうに見えて実は豆腐メンタルという人間は山ほどいます。

”意外”の代わりに”結構”や”凄く”を使おう

似たようなフレーズを使う時には、多少日本語がおかしくなっても「結構○○そうだよね」と言ってあげましょう。

サバサバしてる女子に対して、「意外と気遣いできるよね」と言うのと「結構気遣いできるよね」と言うの、後者の方が嫌味が無いように聞こえませんか?

深く考えすぎでは?なんて思うかもしれませんが、多少深く考えていかないと女子のハートは面倒なのです。

「だから言ったのに」

これもカチンとくる一言、ですがこれを言いたくなるときってありますよね。皆がそうとは言いませんが、質問してアドバイスまで聞いておきながら結局自分の考えで解決しようとする女性、います、多いんです。

しかし、結果がどうであれ(失敗・間違いだったときは尚更)自分の意見は正しかった!と主張し過ぎるのは良くありません。

これは男性だけではなく女性に対しても言えることですが、お互いの意見はなるべく尊重し合いましょう。これが喧嘩を回避する重要ポイントです。

「寒くないの?」

女の子の服装に口を挟む場合、”心配する”ような言葉はNG。

朝頑張ってお洒落なコーディネートを考えてきたのに、「それ暑くない?」「服のサイズ合ってなくない?」「肌露出し過ぎじゃない?」なんて言われては余計なお世話!

女性のファッションの流行は次々に更新されていくのです。中には男にとって理解し難いものもあるわけで…しかし彼女たちにとっては”お洒落”なのですから、男が口を出すのはお門違い。

フォローは慎重に

しかし、彼女のデート服のセンスが毎回壊滅的!という場合には、「今度は俺も一緒に服選びたいな」などと言ってさりげなく誘導してあげましょう。

また、明らか鳥肌立ってますけど!な場合には「ここ冷房効きすぎてるね、上着貸すよ」と大回りでフォローを入れてあげましょう。

「それ効率悪くない?」

仕事の相談などをされて無意識に言ってしまいがちなこちらのフレーズ。アドバイスをすることは決して悪いことではありません。ただ、アドバイスをするならその意見だけを与えましょう。

いちいち相手の要領や効率に口を挟む必要はありません。「それも悪くないけど、こうしてみるのも良いかもよ」女性にはふんわり、やんわり。これが大切です。

また、聞かれても無いことに口を出すのもNG。口煩く細かい男だと思われる可能性があります。聞かれたことだけスマートに答える、これがモテる男です。

「これ前の彼女が好きだったんだ」

当たり前ですけど、お付き合いを始めているのに前の彼女の話題はNGです。

食事中に、買い物中に、ついポロっと出てしまう「元カノワード」。元カノに限らず、こちらから他の女性の話題を切り出すのはあまり宜しくないので気を付けましょう。

「嫉妬してほしいから、あえて」の場合でもオススメしません。上手くいけば良いですが、必ずしも自分の思っている様には進みません。というか、成功しない場合がほとんどですので止めましょう。

?デリカシーの無い男は嫌われる

以上、女性がイラッとする一言集でした。

そんなことで?なものも中にはあったかもしれません。しかし、男女問わず心に刺さる言葉は人によって様々。何が相手を傷つけてしまうかは、本人にしか分かりません。

とりあえず、女性に対しては肯定的であればイラつかせることも少ないかと思います。大抵の女性は自分の意見を否定されるのを嫌がりますから、「君の意見は正しいよ」という雰囲気で話していればそうそう修羅場にはなりません。

皆さんも余計な一言を意識して、デリカシーのある男を目指しましょう。中々に慣れていないと難しいですが、言ってしまった場合にはすかさずフォローをお忘れなく!

スポンサーリンク