実は女ウケが悪い?女性が萎える男性との会話

好きな人へのアプローチも兼ねて、女性との会話ではなるべく自分をかっこよく見せようと努力している男性も多いかと思います。

しかし、自慢話ばかりでは女性が退屈してしまう、というのはどこのコラムにも書かれていてご存知の方もいるでしょう。その中でも特に女性が「ウザい」と感じてしまう男性の”男らしさアピール”をいくつかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

物知り・できる男アピール

freeimage.9-bb.com-00998

♀「最近○○始めたの!結構難しいんだよね~」
♂「ああアレね、そう?簡単じゃない?」

♀「昨日テレビで△△が良いって言ってたの」
♂「その話有名だよね~」

♀「先週初めて□□に挑戦して…」
♂「前にハワイで親父に教えてもらったんだ」

女性が知らなかっただろう、新鮮味があるだろうとせっかく意気揚々と話をしてくれているのにも関わらず、それ知ってる、あれできるなどと話の腰を折るような発言。

1回や2回なら二人の共通点見つけちゃった!程度に女性も嬉しく感じられますが、何度も同じように知ってる人間をアピールされるとさすがに萎えるというもの…

知ったかの場合は今後発言に気をつけた方が良いです。本当に物知りさんの場合は言い方を変えて「僕もやったことあるよ、今度一緒にやろう」「前に聞いたことある!あれ凄いよね!」など相手を立てたりスマートに誘うような発言に変えると良いでしょう。

忙しいアピール

waiting-410328_640

会うたびに「仕事が忙しくて…」「今週全然寝れてなくてさ~」、バリバリ働く男性は確かにかっこいいし頼もしいのも確かです。

しかし、話す度、会う度に忙しさをアピールされてしまっては、気になっていたとしてもデートに誘いにくいし、LINEなど連絡もとりずらくなってしまいます。と、このように考えてくれる女性ならまだマシですが、中には忙しいアピールに腹を立てる女性も。

忙しいアピールをしている割には「彼女欲しい」が口癖の男性は、女性からあまり良い印象を持たれていません。むしろ、そんなに忙しいなら彼女いらなくない?と考えてしまう女性の方が多いかもしれません。

女性との会話では、マイナスよりプラスな話で場を盛り上げるようにしましょう。

経験人数の多さをアピール

blonde-826027_640

恋愛は数より質。彼女をポンポン乗り換えてしまうような男性は、女性を大事にしていない、或いは人間的にどこか問題があるのでは?と思われてしまいます。

むしろ一人の女性と長い期間付き合ったことがある男性は「硬派で魅力的」とプラスに思われるようです。

とんでもないビッチでもない限りは、過去の経験人数を披露するような会話は避けた方が良いでしょう。

⇒見た目に騙されるな!清楚系ビッチの特徴7つ

昔の武勇伝”ワル”アピール

freeimage.9-bb.com-01402

喧嘩が強いことや学生時代の破天荒エピソードなどの披露。その場では「え~すごぉい」などと言っている女性でも、内心「田舎の不良かよ」と思っています。

女性にとって男性の魅力は腕力の強さではありません。ワルぶりをアピールしてもなんのステータスにもならないんです。むしろ喧嘩が強い=暴力的で怖いのイメージがあるので、あまりそういった話はしない方が良いと言えます。

女性は昔より今何をしているのか、何に頑張っているかのエピソードに興味があるのです。

ギャンブルが得意アピール

poker-1264076_640

ギャンブルにハマっている=金銭感覚無さそうと考えられてしまいます。「今日パチンコでいっぱい勝てたからご飯奢るよ」はNGワード。友達としてならアリかもしれませんが、彼氏候補からは外れてしまう可能性大です。

なので逆に経済観念がしっかりとしている男性は、将来の安心感もありモテると言っても良いでしょう。とにかく、パチンコやスロットなどギャンブルの強さはマイナスイメージでしかないので止めたほうが無難です。

相手の話を全く聞かない

hands-people-woman-meeting

最後に、アピールではないですが女性との会話でNGなものを一つ。それは相手の話を聞かないこと。

中には人の話を聞くのが好き、という人もいるでしょうが、大抵の女性はおしゃべり好きです。女性と話をするとき、自分の話に夢中になりすぎて相手の話を全く聞いていなかった…なんてことはありませんか?

せっかくのデートですからお互いのことをもっと良く知るために、二人でたくさん会話をしたいですよね。女性の話を聞くときも、相手が話しやすいように相槌を打って目を見つめてしっかり聞いてあげることが大切です。

⇒モテる男になるための6つの条件


男が思う男性の魅力と、女性が思う男性の魅力は少し違います。難しいかもしれませんが、女性に好かれるというよりも女性を楽しませる会話を意識すると、好感度アップが狙えると思います。

スポンサーリンク