夢の国はデートに不向き?TDL・TDSで遊ぶ時の注意

女性であれば嫌いな人の方が珍しい夢の国、東京ディズニーランド・シー。しかし、「ディズニーに行くカップルは別れる」こんな都市伝説を聞いたことはありませんか?

友達や家族と行くディズニーは楽しい、なのになぜ男性と2人で行くのは危ないのか?今回はディズニーデートでの危険性を紹介します。

スポンサーリンク

待ち時間が長すぎて険悪ムード

clock-772953_640

遠方からやってくる人も多い夢の国、当然待ち時間も鬼のようです。複数人や仲の良い親友と遊びに行く分には、待ち時間もあまり気になりません。

しかし、付き合う前の男性であったり、何もないところに長時間女性と二人っきりの経験がない男性では上手く間を埋めることができずに、彼女の機嫌を損ねてしまう可能性があります。相手だけではなく、待つことに耐性のない男性にはかなりの苦痛です。

かといって「並ぶアトラクションは今日はやめよう」というような発言は彼女をがっかりさせてしまい、さらに鬱憤を溜めてしまうことになります。並ぶことになっても雰囲気を楽しみ常に笑顔でいるようにしましょう。

プランは二人で考える

disney-832089_640

待ち時間対策としてファストパスを誰もが利用すると思います。そのため事前に回るルートなどプランを決めていかれる方が多いでしょう。

そのときに相手にプランを丸投げしたり、一人で勝手に全部決めてしまうのはいけません。たとえ効率の良いルートを知っていたとしても、彼女にも行きたい場所はあるので計画は二人で立てるようにしましょう。

どちらかが絶叫系が苦手だったとき

the-roller-coaster-526534_640

遊園地あるあるなんですが、行く当日まで絶叫マシーンが苦手なことを隠しておく人いますよね。心理は分かりませんが、経験したことがある人は多いはず。

特にTDSは絶叫系も多いので、乗れないのは少し残念。しかも他の遊園地と比べて小さい子向けにアトラクションも作られているので、男性が怖くて乗れないとなると、女性はかなりがっかりしてしまいます。

当日に言われるとショックが大きいので、事前(チケットを買う前)にお互いに苦手なものは伝えておきましょう。

迷いやすい

park-748339_640

夢の国はとにかく広いです。そして初見さんでは迷子になってしまうのも珍しくありません。特にお互い初めて来た場合は、迷子になると体力も消耗するのでかなり辛いです。

疲労が溜まると人はイライラしやすくなってしまうので、事前に地図で大まかに園内を把握しておくと良いでしょう。当日迷ったら自分たちで悩むよりスタッフさんに聞いた方が確実です。

次回のデートの落差にショック

C824_hartkill_TP_V

とにかく右見ても左見ても夢の国!帰り際にゲートを出る時、一気に現実に戻ったような感じがしてショックになりますよね。

それと同じで、あまりにも夢の国デートが素晴らしすぎて、次に行くデート先のハードルが上がってしまうという危険性。もし初回のデートで張り切ってディズニーに行こうとしている男性がいるなら、止めた方がいいと伝えておきます。

女性が次のデートに落差を感じてしまう場合もありますが、男性も落差に心を動かされてしまうこともあるのです。もちろん悪い意味で。

ディズニーデートはレストラン・映画・プールなどの一般的なものを堪能したあとに行くようにしましょう。

事前の準備は欠かさずに!

man-person-hands-coffee

夢の国デートで本当に別れちゃった!なんてことにならないように、しっかり事前に準備をしておくことが大切です。

  • 前もってプランを立てておく
  • 園内の道をおおよそ把握
  • 暇つぶしにお菓子や話のネタを用意する

そして、雰囲気を悪くしないためには疲れていても笑顔でいること。楽しんでいる姿を見せると、相手も悪い気分にはなりません。間違っても「疲れた、もう帰らない?」なんて夢のないことを女性に対して言わないこと。

あとは、当日スムーズに回れるように、待ち時間アプリをスマホに入れておくのも手です。最高の思い出を作るために、計画的に行動しましょう。

スポンサーリンク